Paintings

〜画材レビュー・パステル編〜


パステル鉛筆

コンテ パステルペンシル 
Conte A PARIS(イギリス)

芯はかなり硬いです。塗り跡も残る感じ。ザラツキがあります。色によっては書き味にバラツキもあります。

ダーウェント パステル鉛筆
DerWENT(イギリス)

ハードPastelと似た書き心地です。色によってはごりごりとした感じがします。コンテと比べると伸びは良いです。重ね塗りした上に白がもっと乗ってくれるとうれしい。まあ芯がやわらか過ぎるのも扱いにくくなるから我慢しとく。

ブランジール Designパステル
Bruynzeel(オランダ)

肌色と茶色系だけバラで購入して使っています。書き味なめらかです。塗った後、ぼかすと色が消えてしまうことも…。色数が少ない。

セミハードパステル

ニューパステル
NU Pastel(アメリカ)

お気に入りのパステルです。ハードパステルな形なのに柔らかく、のびもいい。ソフトパステルほどではないけれど重ね塗りしてもちゃんと乗ります。国内販売が終了してしまったのはとっても残念。

FABER-CASTELL ポリクロモスパステル
PORYCHROMOS PASTEL(ドイツ)

NUPASTELに比べると少し固めな印象。かきあとが残る。数本買って試しに使ってみたくらい。

ヌーベル カレーパステル
NOUVEL CARRE PASTEL(日本)

けっこう堅いパステル。エッジを効かせた絵にはいいと思う。鉛筆みたいにとがらせて使うのもありかな。色数も多い。

ソフトパステル

Faber-Castell GFソフトパステル
Faber-Castell Soft PASTEL(ドイツ)

ソフトパステルらしいけど、ハードパステルみたいな四角い形。ハーフサイズの24色を使ってる。セミハードな感じで少し固め。のびはいい。バラで買えないところが難点。ちょーどいいサイズなのになあ。色を使い切ったら買い足せないなんて…

セヌリエ ソフトパステル
Sennelier(フランス)

シュミンケと並んで最高級のソフトパステル。ものすごくなめらか。のびもダントツ(価格も…)。発色も鮮やか。手作りみたいで、たまに玉になってるのがある。柔らかいぶんもろい。たからものパステルです。

レンブラント
REMBRANDT(オランダ)

セヌリエと比べるとすいぶん堅めです。NUPASTELに近い。重ね塗りはほどほどにしないと調子に乗って塗ってると色が乗らなくなります。

ゴンドラ
GONDORA(日本)

堅い。色によって堅さにばらつきがある。キメが粗くてごりごりする色もあります。水に溶けるので水彩語の下絵にも使っています。

 

 

オイルパステル

ネオパステル
Neo Pastel(スイス)

子供が使うクレパスみたいな感じ。においがものすごいです。テレピンで溶いてのばせますが、これまたにおいが…。がつがつ塗っていく感じは好きだけど、このにおいには負けそうです。

ヌーベル クレパス

もう売ってないのかな?子供が使うクレヨンとほぼ同じな塗り感。ただ、ネオパステルよりもにおいがきょーれつです。色ののり具合がいまいちだったので、ほとんど使わずにお蔵入りしてます。

その他

パンパステル
PAN PASTEL

これは発売されてすぐ飛びつきました。メイク道具みたいで楽しいです。油絵みたいに乗せながら描くことができます。ちょっと場所をとるのが難点。